冬野菜が秘めている可能性に迫る!

冬野菜の栄養について

冬は気温の低さや空気の乾燥、さらにはそれに伴う菌の増殖などによって体調を崩しやすくなるシーズンです。そのため、免疫力対策のために野菜を積極的に摂取するのが良いとされています。特に旬の野菜は栄養価が高いと言われているため見逃せません。

白菜は味にクセが無いため他の食品と合わせやすいという特徴を持っています。ほとんど水分のためダイエット中にも最適です。キャベツは春キャベツと冬キャベツで特徴が違います。冬キャベツは身が締まっているため煮物に向いています。また、ビタミンUはキャベジンという別名で呼ばれており、潰瘍予防に役立ちます。また、ゴボウは泥を落とした途端に劣化が始まります。保存するときは泥を付けたままにしておくのが栄養を逃しません。食物繊維が豊富なため急激な血糖値の上昇を防ぐという効果を持っているところも注目です。ニラの栄養素の中でもアリシンは強い殺菌力を持つため冬場のウイルス対策に良いとされています。カブは葉の部分が実の部分よりも約4倍ビタミンCを含んでいるため非常に栄養価が高い部位だと言えます。しっかりと使い切り食べるようにしましょう。

冬の野菜はどれも栄養価が高かったり体を温めるような料理に適していたりと、その利用方法次第で体調を改善させる可能性を秘めています。是非とも最後まで読んで今後の生活に生かしてください。